〜就活に有利なIT留学するなら〜
Value Space Of Cebu

実践スキルを最短1ヶ月で習得!

南国セブの
エンジニア育成講座

就職に適応する技術を手に入れよう

一生ものの仕事として、
エンジニアとして働いていくために

今、日本ではエンジニア不足が叫ばれており、都内での有効求人倍率は8倍を越えています。これは一人のエンジニアに対して、8つの求人があるということです。

そういった背景の元で、多くの人がプログラミングスクール通っています。
しかしながら、エンジニアとして働くことができる人は、まだまだ多くはありません。

なぜならば、プログラミングスクールで教えている講師も経験が浅い人ばかりだからです。それでは、プログラミングが上達するはずもありません。

そういった状況を少しでも変えるために、この場所を作りました。

Value Space of Cebuでは、資格にそった
「基本的なプログラミングスキル」を教えます

プログラミングスクールを卒業した後に、就職ができない人が多くいると聞いたことがあります。

それは、基礎的なスキルが足りていないためです。

Value Space of Cebuでは、その問題を解決するために、Ruby技術者認定試験(RubySilver)に沿った勉強をカリキュラムに取り入れています。

面接管の立場に立って、
面接を想像してみて下さい。

実務は未経験ですが、少しはプログラミングができます

実務未経験者A

と言われた場合と

実務は未経験ですが、Ruby技術者認定試験に合格する程度にはプログラミングができます。

実務未経験者B

と言われた場合に、どちらを採用したくなりますか?

確実に後者のはずです。

Value Space of Cebuに通った後でも、すぐに稼げるようにはなりませんが、エンジニアとして長期的なキャリプランを形成するための基礎力を身につけることができます。

プログラミングイメージ

Ruby の開発で有名な万葉さんでは、従業員の試用期間中にRuby Silverの取得をとってもらっています

Value Space of Cebuで学べること

  • HTML5 簡単なHTMLとCSS、
    Bootstrap
  • linux MacやLinuxの
    コマンドライン操作
  • MySQL MySQL
  • ruby Ruby、
    Ruby on Rails
  • Git 集団開発とGit

帰国後もサポート付き

Value Space of Cebuは講座が終わった後でも終了ではありません。 エンジニアの方がシッカリと就職できるまで、slackなどでサポートします。

〜こんな人におすすめ〜

Value Space Of Cebuでは、Ruby on RailsやWeb開発の基礎となるLinuxやMySQLを教えます。 この二つの知識はWeb開発の基礎です。 そのため、この二つさえ知っていれば、現場で使う言語がRubyからPHPに変わっても、何も恐いものはなくなります。
Ruby on RailsやLinuxといった技術は、主にWeb系で使われる技術です。 そのため、Ruby on Railsの技術を磨けば、Web系の会社に入社できる可能性が高くなります。

〜おすすめしない人〜

残念ながら、Value Space Of Cebuでは、お金を稼ぐ手段は教えていません。 ただし、Value Space Of Cebuで学んだ技術をもとにして、5年ほど頑張り続ければ、今の都内では年収600万に到達するのも決して夢ではありません。
Value Space Of CebuではWeb制作については教えません。 ただし、簡単なhtml、css、Bootstrapに関しては教えます。

Value Space of Cebuでの流れ

  • skype イメージ

    STEP1 Skypeで事前ヒアリング

    Value Space of Cebuでは、真剣にプログラミングを学ぶ人を募集しています。
    従って、事前コンサル時点で相談した上で、場合によってはお断りをしおります。

    ※テストの内容はPCの基礎知識に関するテストですので、普段からパソコンを利用する方でしたら問題ありません。
    テストはもちろん無料ですので、まずはお問い合わせください。

  • 課題 イメージ

    STEP2 渡航前の課題学習クリア

    課題はそれなりにありますが、チャットサポート付きですので、一緒に頑張りましょう。

    最初は難しく感じるかもしれませんが、ここで頑張っておくと留学後の伸びが変わってきます。

    留学後のお互いの時間を無駄にしないためにも、頑張っていきましょう。

    この時点で、プログラミングが向いてないと思ったら、振込み手数料を除いて全額返金いたします。

  • 渡航 イメージ

    STEP3 セブに渡航、プログラミング学習へ

    到着日には空港でお出迎えし、初日のオリエンテーションを行います。

    滞在先は空港からすぐのコンドミニアムです。

    美味しいレストランやスーパーなどを紹介します。

    また、ビーチには徒歩で10分ぐらいで行くことができます。土日に疲れた時は、ビーチで休憩しましょう。

    勉強に集中できるように、フィリピンでの生活はこちらでサポートします。 有料で部屋の掃除や洗濯をしてくれるサービスもあります。

    ※掃除が1,000円ぐらいで、洗濯は300円/kgぐらいです。

  • 帰国 イメージ

    STEP4 プログラミング習得し、帰国

    帰国後、3ヶ月間のチャットサポートつきです。

    卒業後でも、プログラミングや就職に関することで様々な悩みが出てくると思いますが、2人3脚で解決していきましょう。

    • 〜宿泊イメージ〜

      部屋の中にもデスクが置いてあります。

      二人一部屋ですが、大きめのベッドが設置されています。

よくある質問

いいえ、必要ありません。

ただし、事前に独学でプログラミングを学んでもらって、プログラミングがどういったものかを前もって理解していただく必要があります。

これはセブに来ていただいた時に、お互いに有意義な時間を過ごすためです。

平均して1日に4時間、週4回の講義で64時間程度を予定しています。

1日にあまり詰め込んでも仕方がないので、4時間程度にしていますが、教室は空いているので独学をすることができます。

滞在期間やその人のスキルによるので、一概には言えません。

ただし、想定では、「掲示板」「テーブルが4つぐらいのアプリ」「Rails Tutorial」を見込んでいます。

良くも悪くも、その成果物を強制することはないので、生徒のペースでカリキュラムを進めることができます。

事前に二人で一部屋のコンドミニアム(小さなホテル)を用意しておくので、心配はいりません。

コンドミニアム代は、受講料に含まれています。
門限はありませんが、ルームメイトに迷惑をかけないようにお願いいたします。

近くのレストランに行くか、コンドミニアムの下にあるレストランで食事をすることができます。

もしくは、部屋にキッチンがついているので、自炊をすることもできます。

食事代(一食300円から600円程度)や交通費。

31日以上の滞在の場合は、VISAがかかります。

今、日本では圧倒的なプログラマ不足ですが、個人のスキルや年齢によるとしか言えません。

確かなスキルを身につければ容易に就職はできますが、正直に申し上げると最初は難しいかもしれません。

でも、一つの目安として、「Ruby Silver」や「LinuC」のような資格を取得できれば、就職ができる可能性は大幅に上がります。

いえ、特にそういったルールは定めていません。

でも、就職を望むならば、そういった斡旋も可能です。(現在、数社と交渉中です。)

はい、私(浦野ジョージ)が責任を持って教えます。
ただし、マンツーマンではなく、最大で10人程度を想定しています。

Linux、MySQL、Ruby、Ruby on Rails、Gitです。

現地での生活をサポートしますので、安心してください。
ただしパスポートの取得は必要です。

現地での生活をサポートしますので、安心してください。
でも、買い物の時に困るかもしれないので、事前にオンライン英会話で英語に慣れておくといいかもしれません。

セブ島は治安がいいので、大丈夫です。
ただし、真夜中に一人で歩くのは念のために止めて下さい。

Macをご準備ください。

通常時は20万円ですが、2019年3月はキャンペーン期間なので5万円で受講できます。

※食費・飛行機代、また31日以上の滞在の場合のVISAは個人の負担となります。

通常、月額20万円のところを、3月のキャンペーン期間中は月額5万円で受講することができます。 4月、5月は月額10万円で、6月以降は通常通りの20万円になります。

ホテル代、ネット代、光熱費は費用に含まれていますが、食費・飛行機代は費用に含まれていません。(ホテルの下で食事をすることはできます。)

また、31日以上の滞在の場合のVISAは個人の負担となります。

メッセージ

Value Space of Cebu 浦野允二

初めまして、「Value Space of Cebu」の浦野ジョージと申します。

今、日本ではプログラマが圧倒的に不足しており、都内での有効求人倍率は8倍を越えています。これは、一人のエンジニアに対して8個もの求人があるということを意味しています。

それほど不足しているエンジニアですが、教育するエンジニアが不足しているので、エンジニアの供給は全く追いついていませんし、今後、ますますエンジニアが不足していくと言われています。(経済産業省の試算では、 2030年に最大、79万人が不足します。)

そういった状況を少しでも打破しようと思い、自分の10年にわたるエンジニア経験を活かして、プログラミングを教えることにしました。

物価の安いセブ島だからこそできる、少人数制で低価格のプランを用意しています。プログラミング学習で一番、難しいのは最初のハードルなのですが、一緒にそのハードルを乗り越えて、確かな基礎力を身につけましょう。

セブ島で会えることを楽しみにしています。